クラシックカーについて語ります

「フェラーリ 375MM」

投稿日時:2014-09-05 08:50:14

http://www.autocar.jp/news/2014/08/19/87171/

先月末、アメリカのモントレーにて、クラシックカー好きを熱狂させる”伝統的なコンクール”が開催されました。その名は「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」。世界中の名だたるクラシックカーを集め、その希少性や保存状態を審査し、最も華麗な一台を決定するという、由緒正しいイベントになります!!

そして今回、コンクールで見事に優勝を勝ち取ったのは「フェラーリ 375MM スカリエッティ・クーペ ”ロベルト・ロッセリーニ”」でした。一見すると、名前がものすごく長い印象を受けると思うのですが、それにはちゃんとした由来があるんです。まずは「フェラーリ375MM」というのはスポーツモデルの名前です。ちなみに”MM”の部分は、あの”ミッレミリア”から名付けられています。

そして、「スカリエッティ・クーペ ”ロベルト・ロッセリーニ”」というのは2名の人物から取られたものになります。というのも、この車は元々、イタリアの映画監督である”ロベルト・ロッセリーニ”氏がオーダーメイドしたものなのです。そして、そのボディ(クーペ)を完成させたのが”セルジオ・スカリエッティ”氏だったため、このような長い名前になってしまったわけです。

ちなみに、本車は完成したあと、ロッセリーニ氏から妻のイングリッド・バーグマン氏にプレゼントされたと言われています。その逸話から、白銀に輝くカラーは”イングリッド・グレー”と呼ばれています。このように色々な人の想いが詰まった一品だったからこそ、多くの人の心を掴めたのではないかと、私は思います!

PR

フェラーリ「250 GTO」

投稿日時:2014-08-29 12:51:26

http://response.jp/article/2014/08/16/230102.html

つい、2週間ほど前のことですが、クラシックカー関係のニュースを調べていて、とんでもない記事を見つけました。それは、フェラーリ「250 GTO」が自動車オークション史上最高額で落札されたというものです。

その落札額は3811万5000ドル!!日本円に直してみると、なんと39億円に相当します!

車一台の落札額としては破格としか言い様がありませんが、このフェラーリ「250 GTO」には、それだけの価値がつく所以があるんです。

まず、スーパーカーとしての輝かしいほどの経歴が、泊をつけています。「250 GTO」はFIA GT世界選手権の連続優勝を始めとして、数え切れないほどの大会で受賞を果たしているのです。それは、このクルマの圧倒的な性能の高さがあって、成し得た偉業と言えます。

「250 GTO」の走行速度はMAXで280km/h。同世代のクラシックカーと比べても、性能が群を抜いていることは明らかです。そして、それを実現する美しい流線型のボディは、完成された芸術品と言われています。しかも、世界で39台しか存在していないことから、大変に希少価値があるのです。

こうしたことから、年々買取価格が上昇しており、今年ついに最高の落札額を叩き出したというわけです。このオークションはアメリカで行われたものですが、一方でドイツでも、6400万ドルで「250 GTO」を販売し始めました。さて、こちらの車を買い取る人は現れるのでしょうか……。

PR

ヴィンテージカーについて

投稿日時:2014-08-13 09:35:46

http://news.livedoor.com/article/detail/9137560/

一般的に、年代物のブランド品など、古くて希少価値のあるものは”ヴィンテージ”と呼ばれることがありますが、クラシックカーの中にも「ヴィンテージカー」と呼ばれるものがあります。

ヴィンテージカーにもピンからキリまで、様々なものがありますが、人気がある車種で状態が良いものだと、かなりの高額になります。それこそ、数千万円することもあれば、数十億円することもあります。下手な新車を買うよりも、よっぼど高いのがヴィンテージカーなのです。最近だと、老夫婦が時価百億円のヴィンテージカーを偶然手に入れた、なんていうニュースもありました。

こうしたヴィンテージカーは往年の名車ぞろいで、クラシックカー愛好家からすると、喉から手が出るほど欲しいものばかりです。近年では、ヴィンテージカーの需要が、新興国の富裕層のあいだで高まっていて、先物取引的に扱われているという話も聞きます。

最高級のクラシックカーである「ヴィンテージカー」。一生に一度でいいので、乗りこなしてみたいものですね。

クラシックカーのカスタム

投稿日時:2014-07-25 12:55:18

http://jp.autoblog.com/2013/01/09/tokyo-auto-salon-2013-event-alert/

クラシックカーは自らレストアしたり、整備したりするのが楽しみですが、それが高じてクラシックカーをカスタムするのも楽しみの一つと言えます。

勿論、クラシックカー好きは皆が皆、カスタムを楽しんでいるわけではありません。より原型に近い形にこだわっていて、昔ながらの風情を楽しんでいる人も多いからです。しかし、クラシックカーのオリジナリティ溢れるデザインを維持したまま、新車のような高性能を求める人もまたいるわけです。

例えば、クラシックカーのカスタムで一番重要だとされるのが、エンジンのスワップ(載せ換え)です。クラシックカーに乗せられているエンジンは当然旧世代のものなので、現役の車と比べると、どうしてもパワーが劣ってしまうのです。ですから、最新式とは言わずとも、比較的新しいエンジンに詰替えて、走行するのに全く不便のない車に仕立て上げるわけです。そして、こうしたカスタムカーに乗って、カーイベントに参加する人もいます。

しかし、やはり無理なチューンナップは破損する原因にもなり得ますし、繰り返しになりますが、誰もがクラシックカーのカスタムを行うわけではありません。クラシックカーの不便さを趣として楽しむか、それともデザインだけを残して不便さを取り払ってしまうか。クラシックカーの楽しみ方は人それぞれだということになります。

クラシックカーレース

投稿日時:2014-06-27 9:28:46

http://www.lafestamm.com/2014/index.html

クラシックカーは鑑賞するだけでも魅力的ですが、実際に搭乗してドライブに出かけるのもかなり楽しいものです。中には、”新車の方がスピードも出るし、燃費もいい”と主張する人もいるでしょうが、パーソナリティに溢れたクラシックカーを運転する風情は新車ではとても味わえないものです。また、搭乗していなくても、新車に混じってクラシックカーが走る姿を傍から見ているだけでも、そのカッコよさを実感することができます。

そこで、クラシックカーの魅力を存分に味わってもらうために、ぜひ見てもらいたいのが”クラシックカーレース”です。クラシックカーレースとは名前のとおり”クラシックカー限定のカーレースの”ことで、滅多に見ることのできない、性能を限界まで発揮して走行するクラシックカーの姿を見ることができます。

日本だと「La Festa Mille Miglia」(ラフェスタ ミッレミリア)が、大規模なクラシックカーレースとして開催されています。今年も10月17日~20日にかけて、2014年度のレースが開催される予定です。

今年度の「ラフェスタ ミッレミリア」では、東京明治神宮をスタート地点として、1都7県”1200km”の公道コースを4日間かけて走り抜けます。想像以上に過酷なレースであることから、例年、脱落者が後を絶ちません。そのような本気のレースを観戦すれば、クラシックカーの秘めたる魅力に気づくことができるのではないでしょうか。

レースの様子はBS放送される予定なので、クラシックカーに少しでも興味のある人は、ぜひ見てみて欲しいと思います。

クラシックカー自動車保険

投稿日時:2014-05-27 08:10:37

クラシックカーを持っている人は、ただ保有している人と実際に乗ったりする人に分かれると思います。鑑賞したいと思っている人には、自動車保険の事はあまり気にした事がないでしょう。運転をしている人は、大事に乗りたいと思うからこそ、自動車保険の事を考えますよね。

自動車保険は、どこの保険会社でもやっている保険ではあります。でも、大手の保険会社の自動車保険は、車の製造年などに制限があるんです。現在、販売されている古くない自動車はほとんど対象の範囲なので、気にもした事がないと思います。

クラシックカーは、製造年も古いですし、現在パーツを作っているメーカーはほとんどないような状況です。そういった車は、一般の自動車保険に加入する事ができないケースがほとんどです。クラシックカーの需要は、全くないわけでもないので、クラシックカーの自動車保険を扱う会社もあります。その会社の保険も加入には、制限があるのでもし、自分が持っているクラシックカーに保険をつけるなら確認してみてはどうでしょうか。

クラシックカーの自動車保険を扱う会社は、何社かあるようなので、検討してみるのも一つだと思います。大切な車ですので、何かあった時では遅いのでその前に備えておくと安心はできますよ。

クラシックカーのレストア

投稿日時:2014-03-04 12:46:30

最近、クラシックカーを復元・再生させるレストアを行っている車業者がいます。

クラシックカーが人気があるのは、昔を感じることができるデザイン性や内装など細部に至るとこまで、昔を残しているからでしょう。

そんな、クラシックカーを修理するというのは、容易な事ではありません。なぜなら、部品がないというのが一番の大きな理由になります。

部品がないのに、復元なんてできないと思うでしょう。そこをクリアする技術をレストアをしっかりできる業者は、オリジナル部品をつくりあげるんです。

クラシックカー以外でも昔のスーパーカーをレストアするなどしている車屋もあるようです。

レストアを売りにしている業者でも、しっかりできていないケースなどもあったりします。自分の憧れや昔を思い出す大事な一台は、信頼できる業者に依頼してレストアされて戻ってくるのを待つのがいいと思いますね。

クラシックカーは、現行で走っている車のように手入れをしてやれば同じように走ることだってできるのです。眠ってしまっている車に「輝き」を取り戻すきっかけをつくってみてはどうですか。

クラシックカーの関連イベント

投稿日時:2014-02-27 11:21:18

http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/ccf2013

クラシックカーは様々な人に人気が出ており、ただ車が好きなだけではなくミニカーなどのおもちゃが好きな人にも人気が高いです。

おもちゃのクルマを製造している会社がクラシックカー関連イベントを企画している事も多く、意外と多くの人が集まっています。

また自動車製造会社の大手が大々的にクラシックカー関連イベントを立ち上げている事も多く、とても有名になっています。

こうした関連イベントでは人気の高いクラシックカーが展示されることが多く、試乗したり、写真を撮ることができます。

実際に購入する事は出来ないものもありますが、関連イベントでは様々な種類のクルマや生産国の異なる多くのクラシックカーが並んでいるので、一度はチェックしておきたいものです。一般的に情報公開されるのはインターネット上や会場の広告等でしかないので、クラシックカーが好きな人はまずインターネット上で検索をしてみるのが良いでしょう。最適なイベントがあればぜひ足を運んでみたいものです。

海外のクラシックカーについて

投稿日時:2014-02-20 01:50:39

http://seekdrive.net/?p=8949

海外のクラシックカーは意外と人気があり、特に海外で多くのられている事が多いです。

かなり年代物の海外のクラシックカーも多いですが、未だに現役で走っているものも多くあり、ヨーロッパやアメリカなどクラシックカーの生産国で乗られている事が多いです。

海外のクラシックカーと呼ばれるものは、生産をしたのも海外であることが多いので日本国内で乗られるよりもその実数が多くなっています。

海外のクラシックカーはそのデザインや走行性能もとても人気が高く、クルマ好きには特に人気が高いものとなっています。

ただ走るだけではなく、アンティークな雰囲気を感じながら乗る事の出来るこれらのクラシックカーは世界でもとても人気が高くなっています。

クラシックカーは近年はおしゃれなクルマとして認識されていることも多くなっており、とても活用しやすいクルマの一つとなっています。日本国内でも多くのクラシックカーマニアが海外の洗練されたクルマを選んでいます。

高いクラシックカーについて

投稿日時:2014-02-13 14:42:35

http://matome.naver.jp/odai/2128590001219039401/

近年は様々なクルマが人気になっていますが、クラシックカーについてもかなり人気が高いです。

特に高いクラシックカーは購入する人も意外と多く、骨董品感覚で楽しみながら市道を走っている事も多くあります。

こういった高いクラシックカーは入手するのが難しいだけではなく、年代が古いのでメンテナンスなども必要になるために高くお金がかかるようになってしまっています。

特に多くの高いクラシックカーはエンジンが古くなっていて、きちんと本来の馬力が出なかったり、細部のパーツが弱くなっている事もあるので事前に対策をして、しっかりと車検を通しておく必要があります。

場合によっては一から内部の構造を修理しないと動かせない事もあり、最適なサイズのタイヤがない事もあるのでオーダーメイドで足りない部品を作ってもらうような場合もあり、高いクラシックカーと言われてしまう事もあります。年代物のクルマでもしっかりとお金をかけてあげれば再び走れるようになります。

Author

  • 名前:車・太郎
  • 性別:男
BACK TO TOP